就業条件設定

就業条件設定
___.png

就業条件はAKASHIに登録された従業員に対する就業の条件を設定します。
就業マスターは「グループに対する設定」
個別就業設定は「従業員個人ごとに対する設定」
です。

_____038.png

■就業マスターで設定できる項目
・年休自動付与、代休自動付与の設定
・代休・振休の取得範囲の設定
・月度の締日、週の起算日、日付変更時刻などの集計範囲設定
・出退勤や集計に関する丸め設定
・申請の設定※申請承認・回覧者「組織階層に従う(旧設定)」設定時のみ)

■個別就業テンプレートで設定できる項目
・一週間の予定に関する設定(労働日区分/予定出退勤時刻、休憩時間の設定
・実績に対する算出基準設定(所定労働時間/みなし労働の算出基準/残業算出基準)
・集計のON/OFF設定

どちらもマスター/テンプレートを作成し、個人に一括/個別で適用することが可能です。

MENU
___.png

【1】就業条件メニュー
【2】就業マスター設定
  ∟1.就業マスターの追加
  ∟2.就業マスターの改定
  ∟3.就業マスターの設定内容
【3】就業条件設定
  ∟1.就業マスターの適用
  ∟2.個別就業テンプレートの適用

就業条件メニュー
_____yellow.png

設定>就業条件に就業の設定が集約されています。

_____001.png

AKASHI利用開始時

AKASHI利用開始時には以下設定が必要です。
(1)就業マスターを設定する
(2)個別就業テンプレートを設定する
(3)従業員を登録する
(4)就業条件設定にて従業員に「就業マスター」「個別就業テンプレート」を適用する

新規従業員登録

AKASHI利用開始後、新入社員などの登録時には以下設定が必要です。
(1)従業員を登録する
(2)就業条件設定にて該当従業員に「就業マスター」「個別就業テンプレート」を適用する
※雇用区分に対して「デフォルト就業マスター」の設定がされていると、該当雇用区分を設定すると自動的に就業マスターが適用されます。

就業規則改定時

「正社員の年休付与規定が改定」「アルバイトの丸め時間が変更」などは、就業マスターを改定します。この時に既に紐付いてる従業員には改定した内容が自動的に適用されます。

個別従業テンプレート修正時

「フレックスのコアタイムを修正」「管理監督者の集計ON/OFFを修正」などは、個別就業テンプレートを修正します。
※一名だけの修正などの場合には、直接該当従業員の個別就業設定の変更も可能です。
(1)個別就業テンプレートを修正する
(2)就業条件設定にて該当従業員に「個別就業テンプレート」を適用する

就業マスター設定
_____yellow.png

「就業マスター」を開き、グループごとの就業規則を作成します。
「就業マスター」と従業員への適用は以下のように紐付いています。

_____039.png初期設定時には初版が登録されています。
デフォルトで登録されている初版を変更して利用する、または就業マスターを追加して作成します。

_____002.png

就業マスターの追加
_____.png

新規就業マスターを追加します。
「就業マスター追加」をクリックします。

_____003.png

以下は就業マスター画面の概要です。

_____004.png

就業マスターの概要を入力します。

_____005_02.png

設定を完了し「確認画面に進む」をクリックすると、内容の確認が表示されます。
「確定」をクリックして内容を保存します。

_____006.png

保存後、就業マスターが一覧画面に表示されます。

_____007.png

就業マスター名横の「▼」をクリックすると、「詳細」より改定した履歴が確認できます。また、「改定」横の「非表示」にて必要がなくなった就業マスターを表示しないように設定できます。

再度表示する場合には、「再表示」にて表示可能です。

_____008.png

就業マスターの改定
_____.png

既存の就業マスターを改定(変更/修正)が行えます。
改定したい就業マスターの「改定」をクリックします。

_____009.png

改定内容を入力し、「確認画面に進む」をクリックします。

_____010.png

改定された箇所は赤く表示されるので、確認して「確定」します。
「施行日」を過去日に設定すると上記画面が表示されます。
再集計に関してはこちらを確認してください。

_____012.png

「施行日」以降に既に就業マスターがある場合、下記画面が表示されます。
例)4/20の施行日がある状態で、4/2の施行日を設定
削除した場合、4/2が最新の施行日、残した場合、4/20になった段階で4/20の施行日が適用

_____013.png

保存後、改定した就業マスターが一覧画面に表示されます。

_____014.png

____.png
全従業員を対象として指定する過去日と設定当日までの期間に「締め」「確定」処理が行われている実績が存在する場合、再計算が行えないため、エラーとなります。

就業マスターの設定内容
_____yellow.png

以下は就業マスターの設定内容となります。
各項目の右側にある「?」のマークより詳しい説明が確認できるようになっているので、併せて確認してください。

①勤務集計(日)の設定
_____.png

日単位の単位、丸め処理を選択します。

_____015.png

■時間・時刻集計設定
(例)

出勤時刻 15分(切り上げ) 実績(出)「8:53」 → 集計(出)「9:00」
退勤時刻 15分(切り捨て) 実績(退)「17:41」 → 集計(退)「17:30」
休憩入り時刻 15分(切り捨て) 12:04 → 12:00
休憩戻り時刻 15分(切り上げ) 12:58 → 13:00
集計時間(日単位) 15分(切り捨て) 総労働時間 「8:07」 → 「8:00」 
残業時間 「2:18」 → 「2:15」
集計時間(月単位) 30分(切り捨て) 月間平日労働時間 「168:27」 → 「168:00」 
月間残業時間 「37:45」 → 「37:30」 

■日付変更時刻
日付変更時刻を指定します。
日付変更時刻を変更することで1日の実績として取り扱われる時間帯が変更されます。
日付変更時刻「0:00」の場合 当日「0:00」~当日「23:59」
日付変更時刻「5:00」の場合 当日「5:00」~翌日「04:59」
※設定時刻までの出勤打刻を当日(前日)分の実績として認識します。

(例)日付変更時刻「5:00」 ⇒ 12/1 「4:00」出勤打刻は 11/30の実績として認識

■深夜割増賃金 対象時間
深夜時間となる時間帯を「22:00~05:00/23:00~06:00」から選択します。

____.png
・AKASHIでは丸め単位「1分」は「丸めなし」と同義となります。
・丸め単位「1分」以外の丸め単位設定時について、「出勤時刻」「退勤時刻」「休憩入り時刻」「休憩戻り時刻」は、実打刻による実績の入力がされている場合、管理画面には秒数の表記はありませんが、実際には秒単位までが丸め処理(切り上げ/切り捨て)の判定対象となります。
(例)丸め単位「15分」丸め処理「切り上げ」出勤打刻 9:00:26(秒) →  9:15
・丸めの起点は予定時刻となります。予定時刻の入力がない場合は「0分」を起点とします。
(例)丸め単位「15分」予定出勤時刻「9:10」の場合、「9:10」を起点として「9:25」「9:40」「9:55」「10:10」…のように丸め集計されます。

②勤務集計(週)の設定
_____.png

週次の開始曜日を選択します。設定した曜日が「週間法定労働時間外時間(週次残業)」の起算日となります。

_____016.png

③勤務集計(月)の設定
_____.png

月単位の丸め処理などを設定します。

_____017.png

■時間集計設定
(例)

集計時間(月単位) 30分(切り捨て) 月間平日労働時間 「168:27」 → 「168:00」 
月間残業時間 「37:45」 → 「37:30」 

■賃金計算期間(締め日)
月度の締日を指定します。

月度表記設定(出勤簿での表示
当月度として扱う月度を締め日の前後で指定します。

(例)

締日 当月度 月度
末日 - 4月度は4/1~4/30などカレンダー通り
15日 月度開始日の月 4月度は4/16~5/15
15日 月度終了日の月 4月度は3/16~4/15

 

④その他(補助)機能の設定
_____.png

退勤打刻忘れや実績入力がない欠勤疑い状態に対する補助機能の設定です。

_____018.png

■退勤打刻忘れ補助機能
「利用する」とした場合、実績出勤時刻が登録(※)され、かつ実績退勤時刻が登録されていない実績、または一日に複数回打刻をされた際に、最後の打刻が「出勤」だった際、日付変更時刻に対し、1分前に強制的に退勤打刻が行われます。

※実績出勤時刻は打刻ではない場合、当日のモーダル画面から手動で入力された際に動作します。

(例)日付変更時刻 0:00 ⇒ 退勤打刻を忘れた場合、23:59で退勤打刻が入る

■未確定実績補助機能
実績時刻の入力のない労働日に対しての「締め」「確定」処理の可否設定が行えます。「締め/確定可能」としますと、実績時刻の入力のない労働日(欠勤疑い状態)でも「締め」「確定」が行えるようになります。

⑤年次有給休暇の設定
_____.png

年次有給休暇の自動付与、単位などに関して設定します。

_____019.png

■自動付与日程
以下の3パターンから選択します。
①入社日基準
従業員設定にて設定された入社日を基準として年次有給休暇を付与します。
※従業員設定にて年休基準日を別に設ける設定を行っている場合はそちらを基準とします。
②統一方式(斉一付与年1回)
任意の付与日を設定できます。

③統一方式(斉一付与年2回)
入社日によって付与日を年二回に分けることができます。入社日の範囲と付与日をそれぞれ入力してください。

■適用付与日数テーブル
以下の2パターンから選択します。

①比例付与
比例付与の場合には下記で設定する週の所定労働日数ごとに付与日数を設定できます。
②フルタイム
フルタイム(週の労働日数5日以上)では以下のように、週の労働日数4日以下は表示されなくなります。

■初回付与条件
①入社日に付与
入社日から6か月後付与

年休付与の基準日が「斉一付与」、年休初回付与日が「入社日から6か月後付与」の場合の初回付与の時期設定を行います。
入社日から0.5年が経過する前に一斉付与日をむかえた時点で初回付与を行う場合は「一斉付与日到達時に初回付与する」、
一斉付与日を先にむかえても入社日から0.5年経過時に初回付与を行う場合は「0.5年経過時に初回付与する」を選択します。

■週の所定労働日数
勤務形態「比例付与」を選択した場合に表示される項目となります。フルタイムの場合は設定は不要です。
個人ごとに個別就業設定にて設定を行うか、または過去の実績で決定するから選択ができます。

■出勤率による付与の自動判定機能
出勤率によって自動付与する/しないの設定を行います。
「常に付与する」の場合には出勤率に関わらず自動付与がされます。

出勤率による自動判定機能を「利用する」設定の場合には、出勤率と、付与日時点でAKASHI上に記録されている実績が不足しており出勤率の算定が行えない場合の動作を選択します。

_____180704_002.png

自動付与設定パターンに関してはこちらもご覧ください。
年次有給休暇の付与算定についてはこちらをご覧ください。

■年次有給休暇の取得順、年次有給休暇の取得単位
それぞれ「当年度付与分/前年度付与分(繰り越し分)」、「1.0日/0.5日」から選択します。
※「前年度付与分(繰り越し分)」とした場合、有効期限の終了日が早い方から消化します。
※「0.5日」とした場合、休暇処理にて「午前半年休」「午後半年休」が選択できるようになります。

■年次有給休暇の時間単位付与制度
利用するとした場合、「利用上限日数」を入力する画面が表示されます。
※設定を行うと休暇処理にて「午前時間年休」「午後時間年休」が選択できるようになります。

時間単位年休についてはこちらも併せて確認してください。

⑥代休管理機能の設定
_____.png

代替休暇(代休)の自動付与、消化単位などに関して設定します。

_____021.png

■自動付与機能

休出をした際に休日労働時間により代休を自動付与します。

「任意に発生/代休制度なし」から選択します。
「任意に発生」とした場合、代休発生条件の時間を入力する画面が表示されます。
 更に、半日分の代休発生「させる」とした場合、
「0.5日(半代休)」の発生条件の時間の入力する画面が表示されます。

■取得(消化単位)
「1.0日/0.5日」から選択します。
※「0.5日」を選択した場合、休暇処理にて「午前半代休」「午後半代休」が選択できるようになります。

■代休権の有効期限機能
設定する/設定しない」から選択します。
「設定する」とした場合、付与日から「1~12」ヶ月後、「の締め日まで/の日まで」を選択する画面が表示されます。

代休自動付与の設定について詳しくはこちらも併せて確認してください。

⑦振替勤務/振替休日管理機能設定
_____.png

振替出勤/振替休日の可能期間を設定します。

_____022.png

■振替期間の限定
「設定する/設定しない」から選択します。
「設定する」とした場合、振替元から「同一・前後1~前後12」「週内/月度内」を選択する画面が表示されます。
※「週内」を選択した際の週の起点曜日は「週開始曜日」で設定した曜日となります。
____.png
振替勤務/振替休日の範囲限定機能について詳しくはこちらも併せて確認してください。

⑧勤怠申請機能の設定
_____.png

申請時のメール通知、申請ルートの階層設定などを設定します。
※企業設定の申請承認・回覧者にて「組織階層に従う(旧設定)」と設定されている場合は本画面が表示されます。

_____023.png

■勤怠申請メール
「通知する」とした場合、従業員からの申請があった際には管理者に通知メールが送信されます。
また、管理者が承認・却下を行った際に従業員に通知メールが送信されます。
詳しくはこちらをご確認ください。

・年休希望日提出についてはこちらをご覧くださいませ。

■申請ルート設定
申請の種類ごとに承認を行う管理者の階層を設定できます。※ポイント申請はプレミアムプランのみ利用可
詳しくはこちらをご確認ください。

■申請理由
申請時に理由欄の入力を必須とするか、しないかを選択します。
「申請理由を必須とする」場合、理由欄の入力のない申請を行おうとするとエラーとなります。
____________.png

就業条件設定
_____yellow.png

設定>就業条件設定にて作成した就業マスター/個別就業テンプレートを各従業員に適用できます。

就業マスターの適用
_____.png

複数名に同一の就業マスターを適用

「一括設定」より従業員を条件より選択して一括適用が行えます。

_____024.png

適用する就業マスターを選択、雇用区分/労働区分/勤務地/組織を指定して検索をします。

_____025.png

該当する従業員が表示されるので確定をします。
該当従業員の「現在の就業マスター」に設定されたことを確認します。

_____026.png

複数名に同一の就業マスターを適用その2

従業員の一覧より、適用する従業員を選択し適用します。

_____027.png

チェックをした従業員が対象として表示されたことを確認し、適用開始日、就業マスターを選択して確定します。

_____028.png

個人ごとに就業設定を適用

適用させたい従業員の行にある「就業マスター」をクリックします。

_____029.png

「+適用する就業設定を追加」をクリックし、適用開始日、就業マスターを選択して確定します。

_____030.png

該当従業員の「現在の就業マスター」に設定されたことを確認します。

就業設定を雇用区分ごとに自動適用

雇用区分に応じて自動的に就業マスターが適用されるように、雇用区分と就業マスターを紐付けます。
設定>「雇用区分設定」にて該当の雇用区分の「変更」より、「デフォルト就業マスター」を選択します。

Master_210721_001.png

設定>従業員設定>「組織・雇用区分」より、該当する雇用区分を設定すると、「異動日」を「適用開始日」として自動的に設定された就業マスターが適用されます。

Master_210721_002.png

個別就業テンプレートの適用
_____.png

個別就業テンプレートを各従業員に適用できます。
個別就業テンプレートについてはこちらも確認してください。

複数名に同一の個別就業テンプレートを適用

従業員の一覧より、適用する従業員を選択し適用します。

_____031.png

チェックをした従業員が対象として表示されたことを確認し、適用開始日、個別就業テンプレートを選択して確定します。

_____032.png

該当従業員の「最後に適用された個別テンプレート」にて設定されたことを確認します。

_____033.png

個人ごとに個別就業テンプレートを適用

適用させたい従業員の行にある「個別就業設定」をクリックします。

_____034.png

「個別就業テンプレート」のプルダウンよりテンプレートを選択し、「反映日」を指定して確定します。※参照元反映日は個別就業設定の反映日履歴となります。「反映日」は画面一番下より指定してください。

_____035.png

該当従業員の「最後に適用された個別テンプレート」にて設定されたことを確認します。

_____033.png

適用させた従業員の行にある「個別就業設定」をクリックし、個別就業テンプレートを確認すると、最後に適用されたテンプレート名が表示されています。

_____036.png

____.png
※個別就業設定にて月度の途中から労働区分を変更すると、各労働区分ごとに出勤簿が2つに分かれて表示されます。詳しくはこちらもご覧ください。

 

このヘルプは役に立ちましたか?