代休取得時の控除時間上限はどのような設定でどう利用するのでしょうか?

A:休日労働時間によって自動発生する代休に対し、代休取得する際に発生元となった休日出勤日を指定して取得することにより、「その休日出勤日の労働時間を算出し、代休取得の際に控除する」ための機能となります。>
※AKASHI上では控除はされません。算出した値にて自社内で控除を行ってください。

_______001.png

設定方法 
___.png

【1】設定>就業マスター>代休管理機能の設定にて自動付与機能を「代休制度あり」とし、「発生日選択機能を「利用する」とします。

_______002.png

【2】設定>就業条件設定>該当従業員の「代休制度あり」とし、「発生日選択機能を「利用する」とします。

_______003.png

代休取得時の発生日選択機能
___.png

出勤簿にて休暇処理に代休を選択すると、代休発生日が選択できるようになります。>
※午前半代休、午後半代休の際には選択できません。
また、代休の発生日選択後は、該当の代休取得日に対し、実績時刻の修正が行えないようになります。

_______004.png

集計値
___.png

集計値は以下のようになります。「取得代休発生日実働時間(最大値有)」には個別就業設定で設定された最大値までの時間が算出されます。

_______005.png

link.png
就業条件設定 ※代休自動発生の設定はこちら
各種エクスポート ※算出項目について確認できます

このヘルプは役に立ちましたか?