休業・休職設定

休業・休職について
___.png

休業/休職は該当期間を指定して処理を行います。
休暇との違いは以下となります。

<休暇>
・消化単位は全日(1.0日)/半日(0.5日)/時間で設定が行える。
・有効期限を決めて付与を行うことが可能。
・出勤簿や予定実績のインポートから取得日の修正が行える。

<休業休職>
・消化単位は全日(1.0日)のみ
・付与をせず期間指定をする。
・出勤簿や予定実績のインポート、シフトの上書き適用では取得日の修正が行えない。企業管理者による本画面からの修正のみ。

_____001.png

休業・休職の設定方法
_______.png

企業独自の休業・休職を設定できます。
休暇/休業/休職>休業・休職のメニュー画面内「休業・休職設定」をクリックします。

_____002.png

①新規追加
____blue.png

デフォルトで設定されている休業・休職以外に会社独自の休業・休職を設定される場合には、「休業・休職追加」ボタンより追加します。

_____003.png

休業・休職詳細が表示されるので、必要項目を入力し、確定します。

_____004.png

■休業・休職名称
新規で作成したい休業・休職の名称を入力します

■休業・休職略称
休業・休職の略称を入力します(6文字まで入力できます)

■有給無給区分
作成する休業・休職の「有給」「無給」を選択します
※有給の場合は、休暇換算時間(休暇のみなし労働)として認識されます

■労働日に含めない
年次有給休暇の出勤率による付与判定に影響します。
出勤率は出勤日(分子)÷労働日(分母)で算出します。
労働日に含めないにチェックを入れると分子にも分母にも含まれないので、該当休業・休職期間以外の日での判定となります。

■備考
メモを入力できます(255文字まで)。入力は任意です。

②削除
____blue.png

削除をする休業・休職の行にある「削除」ボタンをクリックします。

_____005.png

削除を確認するメッセージが表示されるので、「確定」をクリックして削除します。

_____006.png

従業員に適用されている休業・休職は削除ができません。休業・休職適用より適用された履歴を削除した後に休業・休職自体を削除してください。

Point.png
従業員に適用されている休業・休職は削除ができません。休業・休職適用より適用された履歴を削除した後に休業・休職自体を削除してください。

休業・休職適用
_______.png

休業・休職を従業員に適用できます。
休暇/休業/休職>休業・休職のメニュー画面内「休業・休職適用」をクリックします。

_____007.png

①適用
____blue.png

適用したい休業・休職をプルダウンより選択し、該当の従業員の「適用」ボタンをクリックします。

_____008.png

開始日と終了日を入力し、「確定」をクリックします。

_____009.png

以上の操作で、該当の休業・休職が出勤簿上に反映します。

check.png
・期間に過去日を含む場合には、日次/月次の再計算が行われます。
日々の実績時刻は変更されませんが、休業・休職のみなし労働時間が再計算されます。
・休業・休職の指定が行えるのは、前月度開始日以降からとなります。

適用された休業・休職について
_________.png

適用された休業・休職は各画面にて以下のように反映します。

出勤簿への表示

勤務状況欄に休業・休職の略称が表示されます。また、日々のモーダル画面上では「休業・休職」の欄に期間も含めて表示されますが、この画面上から休業・休職の解除や変更などは行えません。
(予定時間の修正などは行えます。)

_____010.png

スケジュール画面表示

休業・休職の略称が表示されます。別のスケジュールテンプレートの上書き適用はできません。

_____014.png

シフト画面表示

休業・休職の略称が表示されます。別のスケジュールテンプレートの上書き適用はできません。
「変更」ボタンから予定時間の修正などは行えます。

_____015.png

予定実績

休業・休職は反映しません。また、休業・休職期間は予定実績インポートによる上書きはできません。

_____016.png

PDF出勤簿

休業・休職の略称が表示されます。

_____017.png

②調整/削除
____blue.png

適用した休業・休職は期間を調整することができます。
また、削除することも可能です。

_____011.png

上部のプルダウンより期間の調整や削除を行いたい休業・休職を選択し、該当従業員の「履歴」をクリックします。
期間を修正し、「期間の編集を適用する」のボタンをクリックします。

_____012.png

休業・休職の削除は削除ボタンがアクティブになっている場合にのみ可能です。
期間が前月度以前になっている場合には削除ができないため、期間を修正した後に削除してください。

_____013.png

休業・休職の適用はカスタムインポートでも行えます。

link.png
カスタムインポート

過去日を含む休業・休職適用について
_________.png

休業・休職は期間を指定して適用できますが、実績が入力されていない「労働日」にのみ適用されるようになり、実績入力/休暇が設定されている場合や「法定休日」「所定休日」「振替休日」には適用されません。
そのため、過去日を含む休業・休職適用の場合には以下のエラーが発生する場合があります。

_____018.png

このエラーが発生した場合、期間内の予定実績をエクスポートして確認します。

_____019.png

エクスポートした予定実績にて、「労働日」に実績時刻が入力されていないか、休暇付与がされていないかを確認します。

_____020.png

労働日区分は「労働日」とし、実績時刻はすべて削除、勤務処理に「欠勤」を入力し、休暇は削除します。

_____021.png

修正した予定実績をインポートした後に再度休業・休職の適用を行い、エラーが発生しないことを確認します。

_____022.png

スケジュール画面にて適用を確認します。

_____023.png

link.png
各種インポート
スケジュール設定

 

このヘルプは役に立ちましたか?