年休管理簿

年休管理簿の概要
___.png

働き方改革関連法が成立したことにより労働基準法が改正され、2019年4月から全ての企業において、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者(管理監督者を含む)に対して、年次有給休暇を付与した日から1年以内に5日、使用者が時季を指定して取得させることが義務付けられました。

年休管理簿は2019年4月からの「年次有給休暇の取得義務化」に合わせ、適切な年休(有休)取得が行われているかを管理できます。

MENU
___.png

【1】管理者による確認
【2】従業員による確認

【1】管理者による確認
_____.png

年休管理簿では従業員ごとの年休(有休)取得状況を確認できます。
※本メニューは「予定・実績管理」の権限を持った管理者が利用できます。管理権限の設定に関しては、こちらをご覧ください。

休暇管理>年休管理簿をクリックします。

______012.png

画面について
_________.png

以下は年休管理簿の主なメニュー説明となります。

______002.png

①従業員選択

上部より従業員名を選択します。組織でフィルタをかけてから従業員を選択できます。

______003.png

②年休取得状況

年休基準日として設定した年休(有休)より、1年間の取得状況を表示します。
「年休基準日に指定する」にチェックが入っていない場合、この画面は表示されません。また、従業員のダッシュボードにも表示がされません。
付与日をスタートとしての1年間の付与日数、取得日数、残日数、消滅日数が確認できます。
また、各月度ごとの取得日数も確認できます。

______004.png

年休取得状況は「年休基準日」の付与日から1年間の間の年休(有休)を取得した状況が確認できます。

年休(有休)を付与した日から1年以内に5日を取得することが義務化されているため、以下の例では該当従業員の付与基準日である3/5からとするべくAの自動付与分を年休基準日としています。

※自動付与の場合は「年休基準日に指定する」が自動的にチェックが入ります。
※手動付与の場合は「年休基準日に指定する」のチェックは入りません。また、複数の付与日があった場合、すべての「年休基準日に指定する」にチェックを入れると、もっとも未来日の付与日が年休取得状況の基準日となります。

______005.png

③年休付与状況

休暇付与画面にて現在付与されている年休(有休)を付与日ごとに表示します。
年休取得情報は一年間の取得状況を表示しましたが、こちらは付与した年休(有休)ごとの付与日数、取得日、残日数、消滅日数が確認できます。
※自動付与の場合には、有効期限2年間の間の履歴となります。
また、月度ごとの取得日数、取得時間は未来日も含めて詳細を表示します。
未来日の取得は「予定」マークが表示されます

______006.png

【2】従業員による確認
_____.png

従業員はマイページのダッシュボードより、自身の年休(有休)取得状況を確認できます。
ダッシュボードに関してはこちらもご覧ください。

本メニューは以下の条件で表示されます。

・スタンダードプラン以上である(タイムレコーダープランでは表示されません)
・年次有給休暇が付与されている
・年休管理簿で「年休基準日に指定する」のチェックが入っている
・年次有給休暇の付与日数が10日以上ある(10日以下の場合、ファイスマークが表示されない)

確認修正>年休管理簿をクリックします。

______007.png

年休取得状況は確認修正>年休管理簿にて「年休基準日に指定する」にチェックが入った付与日より1年間の間の年次有給休暇を取得した状況が確認できます。

そのため、従業員のダッシュボードに表示される年休取得状況と年休管理簿の年休取得状況は同一となります。

______008.png

グラフについて
_________.png

年休管理簿のグラフは以下のように、「前年度繰越を含めた付与日数」、「法定の年休取得日数(5.0日固定)」「未来の予定も含めた年休取得日数」となっています。

______009.png

フェイスマークは「未来の予定も含めた年休取得日数」 が「法定の年休取得日数(5.0日固定)」以上になると変わります。

______010.png

____.png
例えば、勤続年数10年の従業員で、AKASHIを今月から利用し始めるという場合には、今後の自動付与設定と現在の残日数の手動付与をします。AKASHI利用開始直後の年次有給休暇付与の方法についてはこちらもご覧ください。

この時、手動付与の残日数分は「毎年の付与日」とは異なります。手動付与の残日数分にチェックを入れておくと、残日数分の付与日から1年間の取得状況を確認できますが、その後自動付与がされると、自動的に「自動付与の付与日からの1年間の取得状況」チェックが行えるようになります。______011.png

このヘルプは役に立ちましたか?