申請制残業の設定・動作について

1.定義・動作
___.png

定義.
_____.png

AKASHIでの申請制残業の定義は「上長の許可(承認)があって、はじめて残業を行える」ものとなります。

動作.
_____.png
AKASHIでは勤務予定時刻を枠とし、枠外の勤務(出勤予定時刻以前、退勤予定時刻以降の勤務)をそれぞれ勤務予定時刻に丸める設定を行うことにより許可(承認)されていない残業(時間外労働)に制限をかけることが可能です。

_________.png

※こちらの設定を行えるのは労働区分「普通労働制」「フレックス」の従業員のみとなります。
残業申請を行うことにより、承認された時刻までは丸めがかからないようになります。

2.申請制残業の設定方法
___.png

 設定手順
_________.png

1. 設定>従業員設定より設定を行いたい従業員の「個別就業」をクリックします。

______1.png

2.残業時間>残業時間丸め(申請制残業の設定)にて
 出勤予定時刻以前の勤務(早出残業、または前残業)に対して制限をかけたい場合は、
 予定出勤時刻前の出勤を予定時刻に丸める「ON」とします。
 退勤予定時刻以降の勤務(後残業)に対して制限をかけたい場合は、
 予定退勤時刻後の退勤を予定時刻に丸める「ON」とします。

______2.png

例:出勤予定時刻「9:00」退勤予定時刻「18:00」予定出勤時刻前の出勤を予定時刻に丸める「ON」の場合
「7:00」に出勤打刻を行っても実績の出勤欄には出勤予定時刻である「9:00」に丸まり、入力される。

以上の設定を行うことにより、出勤打刻と退勤打刻が行われ、実績集計が行われるタイミングにて残業時間丸めがかかるようになります。

3.残業申請の方法・動作___.png

残業申請を行うことにより、残業時間丸めのかからない枠を拡大することが可能です。
枠外(申請した時刻外)の打刻は、残業申請としてあげられた時刻に丸まるようになります。

_______.png

 申請手順
_________.png

1. マイページ>出勤簿を開き、残業申請を行う日付の「申請」をクリックします。
____.png

2.早出残業を行う場合は早出(開始)に残業開始時刻を、後残業を行う場合は残業(終了)に残業終了時刻を入力して「確定」をクリックします。

______2.png

申請の操作は以上です。申請があげられると管理者権限画面での確認修正>申請一覧にて以下のように申請があげられていることを確認できます。

______3-1.png

承認が行われると、上記画像の例の場合、

「20:00」までの退勤打刻には丸めかからないようになり
「20:00」以降の退勤打刻は「20:00」に丸まって記録されるようになります。

4.注意点___.png
check__2_.png
・定義として「上長の許可(承認)があって、はじめて残業を行える」ため事前に残業申請をあげていたとしても、当日の退勤打刻が行われ、実績集計が行われる時点で承認が行われていないと残業時間丸めがかかるようになります。
HINT2.png
事後承認となる場合は、承認後、管理者権限にて実績を正しいものに修正、もしくは申請者に正しい実績での再申請をあげていただくようになります。

・「出勤打刻と退勤打刻が行われ、実績集計が行われるタイミング」にて残業時間の丸めの動作がされるため、いずれかの打刻漏れがあると丸めはかかりません。
HINT2.png
実績入力のため申請の際に、丸めがかかる場合は丸め後の時刻での申請、また打刻を行った時刻に丸めがかかる場合はそちらを丸め後の時刻への変更申請を併せて行っていただくようになります。

共通就業設定での丸め設定は実績値にかかり、集計値を算出するためのものとなります。こちらの残業時間丸めは打刻時間にかかり、実績値を算出するものとなりますので異なるものとなります。打刻時間、実績値、集計値について詳しくはこちらをご覧ください。

5.その他の申請制残業時間の集計方法について
___.png

 残業時間丸めの設定を行わず、一旦は実績として集計し、そのうち「許可された残業時間(承認済み前残業時間・承認済み後残業時間)」「許可されていない残業時間(無断前残業時間・無断後残業時間)」といった形で区分けしての集計が可能です。詳しくはこちらをご確認ください。

このヘルプは役に立ちましたか?