勤務処理

この画面で行うこと
___.png

勤務処理に表示する項目を「表示」「非表示」に変更できます。
また、勤務処理に任意の項目を追加できます。

設定方法
_____.png

企業管理者権限で設定が可能です。
設定>勤務処理をクリックします。

_____001.png

以下設定画面が表示されるので、任意の勤務処理を追加します。

_____201021_001.png

①表示/非表示のスイッチ
出勤簿の「勤務処理」欄のプルダウンに表示する項目の表示/非表示が設定できます。緑色が「表示」、グレーが「非表示」となります。

②回数入力のスイッチ
一日に複数回発生する勤務処理に関し、回数を入力することが可能となります。

③テレワーク連動のスイッチ ※プレミアムプランのみ対応
テレワーク中に退勤打刻を行った場合、勤務処理に自動的に「テレワーク」を追加することが可能です。 詳しくはこちらもご確認ください。


「勤務処理」項目は50項目まで設定が可能です。
左の欄に表示させたい項目名、右の備考欄は本画面の覚書として入力してください。
確定をクリックし、設定を保存します。

尚、登録した項目は上書きでの変更は行えますが、削除ができませんのでご注意ください。
登録後利用をしなくなった項目に関しては「非表示」として設定してください。

 

設定後、確認修正>出勤簿の「修正」ボタンより勤務処理の表示を確認してください。

勤務処理の動作について
_________.png

勤務処理に追加した項目を利用した場合、「出勤簿」「日次勤務データ」「予定実績」に以下のように表示されます。
また、「月次勤務データ」では追加した項目の回数をエクスポートできます。

_______005.png

また、勤務処理を非表示としても、「遅刻」「早退」「直行」「直帰」など打刻により自動的に判定がされる項目は動作しています。

_______006.png

____.png
・本設定は組織や雇用区分などで異なる設定は行えません。表示/非表示の設定は全従業員に即時適用されます。
・「遅刻」「早退」は非表示としても自動判定は行われています。そのため、実績修正の際に非表示であっても「予定出勤時刻より遅い実績出勤時刻」の実績が入力されていると、以下のように「勤務処理に遅刻または電車遅延を選択してください」というエラーが発生します。下記の場合、実績出勤時刻を予定出勤時刻に合わせていただくようになります。

_____005.png

 

 

このヘルプは役に立ちましたか?