フォーマット作成

AKASHIでは作成したフォーマットを選択してエクスポートが行えます。
フォーマット作成に対応しているのは、以下の種類のエクスポートとなります。

・月次実績
・日次実績
・出勤簿
・日次工数

※上記以外のエクスポート種類はフォーマットを選択しての項目設定は行えません。

_____________001.png

フォーマットはデータ入出力>フォーマット作成から種類ごとに作成ができるようになっています。

_____________002.png

1.月次実績/日次実績/日次工数のフォーマット作成
___.png

月次実績、日次実績、日次工数用のフォーマットは項目自体以外は同様の設定方法となります。
上部がヘッダ出力などのフォーマット自体の設定となり、下部が設定できる項目の種類となります。

_____________003.png

フォーマット設定の詳細
_________.png

設定可能な項目の詳細は以下となります。

■フォーマット選択
デフォルトではそれぞれ「月次勤務実績」などの値が選択されています。

_____________004.png

デフォルトの「月次勤務実績」などを上書きで修正することも、新しい名称で作成することも可能です。

■ヘッダ出力
csvのヘッダの設定です。指定したヘッダがcsvの項目となります。

_____________005.png

ヘッダ出力を「する」とし、ヘッダをすべて消した状態にすると、選択した項目がそのまま出力されます。
ヘッダ名を任意のものに変更されない場合には、下記のように消した状態にしておくと項目変更の際に項目名を揃える手間が省けます。

_____________006.png

■クォート文字列
データをクォート(“)で囲む処理を行って出力ができます。

_____________007.png

■時間表示形式
出力する時間の形式が選択できます。

_____________008.png

 2.出勤簿のフォーマット作成
___.png

出勤簿のフォーマット作成は、上部が出勤簿の月次実績項目、下部が日次実績項目となります。

_____________009.png

3.フォーマット作成方法例
___.png

月次実績フォーマット作成方法の例をご案内します。
今回は月次勤務実績にてデフォルトのフォーマットをベースに作成する方法となります。

①フォーマットの複製
月次勤務実績のデフォルトフォーマットが選択されていることを確認し、「複製」ボタンをクリックします。

_____________010.png

②新規作成するフォーマットの設定
フォーマットの名称を入力し、必要な設定変更をします。
今回は「給与計算用」という名称で作成します。項目を入れ替える予定のため、ヘッダの項目名は空欄としました。
また、時間表示形式は「60進数」としました。

_____________011.png

③項目の設定
必要な項目をドラッグして「選択された項目」にドロップします。並べ替えも行います。

_____________012.png

④確定にてフォーマットを保存
保存します。

_____________013.png

⑤エクスポートの際にフォーマットを選択
データ入出力>各種エクスポートにて月次勤務データを選択すると、フォーマットに作成した「給与計算用」が表示されています。

_____________014.png

エクスポート可能な月次項目/日次項目に関しては、以下PDFにてご確認ください。

このヘルプは役に立ちましたか?