Q15:深夜労働のアラートや週の実働時間閾値超えアラートはどうやって設定するのでしょうか?

A15:深夜労働や週の実働時間閾値超えは一般的には「深夜労働制限」は年少者制限、「週28時間制限」は外国人留学生制限としてご利用いただいています。概要を以下に説明いたします。

尚、本アラートはプレミアムプランのみの対応となります。

深夜労働や週の実働時間閾値超えのアラートは、「個別就業設定」の「深夜労働制限」と「週28時間制限」とリンクしています。
「深夜労働制限」は年少者制限、「週28時間制限」は外国人留学生制限を想定していますが、これは個人ごとに異なる設定となります。一方でアラートの設定は「共通就業設定」のいわゆるグループ設定で行われます。

例えばアルバイトのAさんには深夜労働制限が必要、アルバイトのBさんには週28時間制限が必要、でもその他のアルバイトの従業員にはどちらも必要ではないという時、アルバイトの「共通就業設定」では「通知する」として、アラートを出したい従業員の「個別就業設定」にてそれぞれのアラートの設定を行います。

__________.png

この場合、アルバイトの共通就業設定にて「深夜労働」「週の実働時間閾値超え」を「通知する」とします。
また、AさんとBさんの個別就業設定はそれぞれ以下のように設定します。

________002.png

上記設定にて、希望の従業員に対してのみアラートが発生するようになります。

________003.png

共通就業設定および個別就業設定に関してもそれぞれ設定方法をご確認ください。

 

 

このヘルプは役に立ちましたか?