半休や時間休の取得の際に打刻乖離アラートが発生したのはなぜでしょうか

______________1.png

A:通常、出勤打刻乖離』は実績出勤時刻が予定出勤時刻より、アラート設定で設定した時間以上、早い時刻の場合に発生し、退勤打刻乖離』は実績退勤時刻が予定退勤時刻より、アラート設定で設定した時間以上、遅い時刻の場合に発生します。

半休や時間休の取得の際には、算出される「みなし出勤時刻」が予定出勤時刻より、設定時間以上、早い場合に出勤打刻乖離』が発生し、算出される「みなし退勤時刻」が予定退勤時刻より、設定時間以上、遅い場合に退勤打刻乖離』が発生します。

みなし出退勤時刻の算出について詳しい計算式はこちらをご確認ください。

【よくある例 午前半休取得時の出勤打刻乖離アラート】

______________.png

上記図のように予定出勤時刻と実績出勤時刻が同じ「14:00」であっても、
午前半休取得時には、予定出勤時刻とみなし出勤時刻の差異にて出勤打刻乖離の判定がされるため

実績出勤時刻「14:00」ー 休暇時の労働時間の設定時間「4:00」=みなし出勤時刻「10:00」となり、
予定出勤時刻「14:00」より「4:00」早い(乖離)出勤と判定がされます。

 

・半休や時間休の取得の際の遅刻早退判定についてはこちら

このヘルプは役に立ちましたか?