36協定設定-【5】特別条項の発動

36協定設定の概要
___.png

36協定のメニューは労働時間の上限時間に関するアラートに利用します。
このメニューは必ず「利用する事業場ごとの36協定」を各企業にて労使協定を元に確認し、設定してください。
尚、以下が36協定設定の概念の基となります。
※2018年12月以前の起算月度である36協定のレポート(計算)は行えませんので、ご注意ください。

36___034.png

労使協定は以下の時間を超えない範囲で結ぶことが定められています。
・時間外労働の上限は 月 45時間/年 360時間 まで
・臨時的な特別の事情があって労使が合意する場合でも、
月 100時間未満/年720時間以内/2~6か月平均 80時間以内/月 45時間を超えるのは年間6か月まで
※上記を踏まえた上でご設定ください。尚、労基法に関するご質問などは、担当社労士、労働基準監督署にご相談ください。

設定MENU
___.png

【1】勤務地を設定する(別タブで開きます)
【2】36協定設定を作成する(別タブで開きます)
【3】36協定設定の複製を作成する(別タブで開きます)
【4】36協定のレポートを確認する(別タブで開きます)
【5】特別条項の発動
【6】アラート通知(別タブで開きます)

 

【5】特別条項の発動

特別条項の発動は36協定レポート画面にて行います。
特別条項は「延長できる労働時間」を超える前に発動を行うことが基本です。また、発動が行えるのは前月度までとなります。
延長できる労働時間は「法定休日労働」は含みません。
そのため、デフォルトの「月間法定労働時間外時間(法定休日以外)」にて値を確認します。

36___042.png

上記の例の場合、赤字部分が「延長できる労働時間」を超過しています。
36協定を発動したい従業員にチェックを入れ、「発動」下のプルダウンより表示させた「特別条項」をクリックします。

36___043.png

特別条項を発動する月度を選択し、必要であれば発動理由も記入します。
※発動理由は発動メールに記載がされます。
対象者と延長できる時間、特別条項後の上限が表示されるので、確認し、「発動」ボタンをクリックします。

36___044.png

特別条項が発動され、黄色のマークがされました。

36___045.png

明石二郎の2019年4月度は、19:38で単月45:00を超過してない状況、かつ特別条項を発動しているため、ヘルプの通り「特別条項発動(黄色マーク)となります。

36___046.png

特別条項が既に発動され、かつ協定時間超過(延長できる労働時間)を超過している場合には赤くマークされます。
また、適用回数が「1/6回」としてカウントされます。これは発動回数ではなく「協定時間超過回数」となります。

36___047.png

明石二郎の2019年3月度は、61:01で単月45:00を超過しており、かつ特別条項を発動しているため、ヘルプの通り、「協定時間超過(赤マーク)となります。

36___048.png

また、協定時間(延長できる労働時間)を超過しており、かつ特別条項発動なしの場合にも赤くマークはされますが、左側に赤のラインがつきます。

36___049.png

明石三郎の2019年3月度は、79:34で単月45:00を超過しており、かつ特別条項を発動していないため、ヘルプの通り、「協定時間超過(特別条項発動なし)(赤マーク&赤ライン)となります。

36___050.png

明石三郎の2019年3月度に対し、特別条項を発動します。

36___051.png

特別条項発動後は「協定時間超過(赤マーク)」となります。

特別条項発動の解除

誤って特別条項を発動した場合など、前月度までの発動であれば、解除が可能です。
※前々月以前の特別条項発動は解除できませんので、ご注意ください。

36___035.png

上記の例で明石二郎の2019年1月度の特別条項を解除する場合は、確認修正>出勤簿>明石二郎の2019年1月度の出勤簿を表示します。

36___036.png

出勤簿に表示された「特別条項発動中」の表示をクリックします。

36___037.png

特別条項に関する情報が表示されるので、「特別条項解除」をクリックします。

36___038.png

36協定レポートにて2019年1月度を確認すると、特別条項発動前に戻ります。

 

このヘルプは役に立ちましたか?