アラート通知について


AKASHIのアラートは確認する方法を選択することができます。
この時、従業員が自分のアラートを確認する方法と、管理者が従業員のアラートを確認する方法をそれぞれ設定できます。
 

従業員が自分でアラートを確認することにより、打刻操作のミスや申請の漏れに気がつくことができます。
これらのアラート通知に関しては、「共通就業設定」にて設定することが可能です。
設定>共通就業設定>該当の共通就業設定の「アラート通知場所設定」にて設定を変更します。
---------------------------------------------------------------------------------------------
打刻画面通知:打刻画面にアラートを通知する/しないの設定が可能です。
メール通知  :アラートをメールで送信する/しないの設定が可能です。通知するの場合、更に通知先を「本人のみ」「管理者と本人」で指定すると本人(従業員側)で確認が行えます。
---------------------------------------------------------------------------------------------

従業員の勤務に関するアラートを確認することで、修正や確認が必要な実績を認識できます。
これらのアラート通知に関しては、「共通就業設定」にて設定することが可能です。
設定>共通就業設定>該当の共通就業設定の「アラート通知場所設定」にて設定を変更します。
---------------------------------------------------------------------------------------------
TOP画面通知:管理者のホームにアラートを通知する/しないの設定が可能です。
メール通知  :アラートをメールで送信する/しないの設定が可能です。通知するの場合、更に通知先を「管理者のみ」「管理者と本人」で指定すると管理者側で確認が行えます。
---------------------------------------------------------------------------------------------

アラートメールの通知先は「管理者のみ」「本人のみ」「管理者と本人」の3パターンから選択可能です。

【管理者のみ】
設定した共通就業設定に該当する従業員のアラートが、その従業員に対する管理権限を持った管理者に送信される
【本人のみ】
設定した共通就業設定に該当する従業員本人の勤務結果によりアラートが本人に送信される。
【管理者と本人】
設定した共通就業設定に該当する従業員のアラートが、その従業員とその従業員に対する管理権限を持った管理者に送信される。

以下の設定例のように、会社の勤怠ルールに合わせてアラート通知の設定を行ってください。

アラートメールはアラート一覧に表示されているアラートが通知されるようになります。
共通就業設定でアラートメール通知の設定を行った際には、「反映日」以降のアラート一覧に表示された内容が一旦メール送信されます。

その後もアラート一覧に表示されたアラートと同様の内容が送信されます。
アラートが上がるタイミングは、一日の実績が完了した退勤打刻後となりますが、退勤打刻を忘れた際と「欠勤疑い」は日付変更線を超えた段階で送信されます。
また、「残業時間閾値超え」は月次集計値でのアラート判定となりますが、「残業時間閾値超え」単体でのアラートメール通知はありません。
「残業時間閾値超え」は月度の途中で閾値を超えた際に、同従業員に対するアラートメールに追記される形となります。
 

 遅刻・早退

 

遅刻・早退 残業時間閾値超え 

 

このヘルプは役に立ちましたか?