個別就業設定について

個別就業設定とは、従業員ごとに設定が可能な就業に関する条件設定となります。
おおまかには以下の条件を設定します。 

 【個別就業設定の内容】
〇一週間の予定に関する設定
 - 曜日ごとの労働日区分の設定
 -予定出退勤時刻、休憩時間の設定
〇実績に対する算出基準設定
 - みなし労働の算出基準
 - 残業算出基準
〇集計のON/OFF設定
 -固定残業時間算出する、しない

これらの設定は従業員ごとに異なることを前提としています。

個別就業テンプレートについて
___.png

個別就業テンプレートを作成・適用することにより、スムーズに個別就業設定を行うことが可能です。

____________.png

設定項目は「労働区分」ごとに異なります。労働区分ごとの設定項目については各ページをご覧ください。

普通労働制

フレックス

裁量労働制

管理監督者

 個別就業テンプレートの適用方法.
_________.png

作成した個別就業テンプレートは設定>従業員設定>「個別就業」>個別就業テンプレートのプルダウンに追加されます。
プルダウンから適用したいテンプレート名称を選択すると作成した個別就業テンプレートの設定内容が反映されます。

__________.png

個別就業設定の確定について
___.png

個別就業テンプレートの適用、または各設定項目の選択・入力により設定が完了し、新たな設定を有効にするには「反映日」を指定して「確定」を行います。こちらで指定した反映日以降の日付に対し、新たな設定が適用されるようになります。

__________2.png

※反映日に過去日を指定する場合、そちらの日から作業日当日までの実績に新たな設定での再集計が行われます。その際に打刻ではなく、手入力された実績データはクリアされますのでご注意ください。
※反映日に過去日を指定する場合、既に実績集計がされている日付の勤務予定時刻は変更されません。

参照元反映日について
___.png

__________3.png

前述した通り、個別就業設定は反映日を指定して設定を適用します。参照元反映日のプルダウンにはその際に指定した反映日が記録され、日付を選択するとその当時に適用されていた設定内容を確認できます。

例:

__________4.png

このヘルプは役に立ちましたか?