個別就業テンプレート設定(フレックス)

個別就業テンプレートの作成(フレックス)
___.png

① 労働区分のプルダウンより「フレックス」を選択します。

■一週間の予定の作成

「予定時刻設定」にて一週間の予定を作成します。

② 所定休日、法定休日の曜日にチェックを入れます。

③ 標準労働時間および、フレキシブルタイム、コアタイム、休憩時刻を入力します。
※コアタイムを入力しないことも可能ですが、その場合固定休憩が設定できなくなります。

___________1.png

 ■就業による実績時間算出基準の設定

④ 規定休憩の設定についてプルダウンから選択します。規定休憩の詳細に関しましては、こちらもご覧ください。

______8.png

「従業員は表示のみ」または「従業員も修正可」を選択すると、労働時間に合わせた休憩時間を設定できます。

______9.png

______10.png

⑤ 清算期間をプルダウンから選択します。

___________2.png

※「実労働日数」を選択すると、下記の表示に変わります。

___________3.png

 ⑥ 休暇取得時の労働時間の扱いについて、プルダウンから選択します。また、半休取得時の労働時間を指定します。
※「予定時刻に合わせる」の場合の予定時間はコアタイムの時間となります。

______11.png

※「換算時間に合わせる」を選択すると、下記の表示に変わります。

______13.png

 ⑦ 事業場外(出張や外回りなど)の労働時間の扱いについて、プルダウンから選択します。
※「予定時刻に合わせる」の場合は標準労働時間に合わせます。

______14.png

 ※「換算時間に合わせる」を選択すると、下記の表示に変わります。半日と全日の時間をそれぞれ設定します。

______16.png

⑧ 残業時間丸めのON/OFFを選択します。
※ONにすると、「標準労働時間」に丸め処理されます。

___________5.png

⑨ 固定残業時間のON/OFFを選択します。ONにする場合は、固定残業時間を設定します。
※固定残業時間を設定すると、月次集計の際に「固定残業超過時間」に超過時間が集計できるようになります。______21.png

⑩ 最後に確定ボタンをクリックします。

 

 

このヘルプは役に立ちましたか?