申請承認の設定について

1.定義 
___.png

 AKASHIの申請を考える時、「紙の申請書での申請、押印による承認」をイメージしてください。紙の申請は「押印され、承認を得る」ことにより、その勤怠が実現します。
紙の申請書による申請、承認では「複数の押印がされ、複数の承認を得る」ことにより実現する形もあります。
AKASHIの申請/承認も同様に「承認され、出勤簿に反映」すること、また 「複数の承認がされ、出勤簿に反映」することが可能です。

____3.png

 2.承認者の設定方法
___.png

1)管理権限の設定を確認する
_________.png
管理者に設定する管理権限のパターンを作成します。
管理権限設定のパターンについてはこちらから確認してください。

2)管理者に管理権限を付与する
_________.png
管理者に設定する管理権限のパターンを作成します。
管理権限設定のパターンについてはこちらから確認してください。____1.png

設定>従業員設定にて、管理者とする従業員の行にある「変更」ボタンをクリックします。

____3.png

 「権限設定」のタブより「権限区分」と「管理先組織」を選択し、「確定」をクリックします。
「管理先組織」は複数選択することも可能です。

 3)多階層の組織設定を行う
_________.png
申請の際に複数の承認を必要とする「多段階承認」には、組織が階層になっている必要があります。
組織の階層が申請の階層となります。

____7.png

 上記の場合、組織は以下のように作成します。

____8.png

管理者はそれぞれの組織に所属するように設定します(画像はイメージとなります)。

____9.png

 4)共通就業設定でメール通知や申請種別ごとの設定を行う
_________.png
____10.png

 設定>共通就業設定にて、管理される(申請を上げる)従業員の共通就業設定パターンを「作成する設定」にて選択します。
※申請を上げる側の従業員を対象として設定します。
「5.従業員権限など」のタブをクリックします。

____11.png

①通知メールの送信について設定ができます。
従業員が申請を行った際、下位承認管理者が承認を行った際に、通知メールが到着します。
メール内容などはこちらからご確認ください。

②申請の種別ごとに申請の階層と、下位承認を飛ばして承認という「スキップ」の利用について設定が可能です。
多段階承認のスキップ申請の詳細はこちらからご確認ください。

____.png
上記共通就業設定の階層申請の設定は「管理される側、申請を上げる側」の従業員の共通就業設定パターンにて設定をする形になります。

3.申請一覧画面での確認
___.png

 ____4.png

確認修正>申請一覧にて、管理先組織の従業員の申請の確認や承認を行えます。
申請のステータスは下記のように表示されます。

____5.png

4.承認履歴について
___.png

 申請承認の履歴は以下のようにその日の実績にて確認が可能です。

____15.png

確認修正>出勤簿より該当日の「修正」ボタンをクリックすると、申請内容が確認できます。

____16.png

一日に複数の申請承認があった際には以下のように表示します。

____17.png

 5.通知メールについて
___.png

 共通就業設定にて申請・承認の通知メールを「利用する」とした場合、従業員が申請した場合や管理者が承認した場合に通知メールが送信されます。

____18.png

通知メールの詳細はこちらからご確認ください。

このヘルプは役に立ちましたか?