振替休日と代休の設定をそれぞれ教えてください

 A:以下に振休と代休の定義と設定方法をご案内します。

1.定義 
___.png

【振替出勤/振替休日(振休)】

あらかじめ休日と設定していた日を労働日とし、他の労働日を休日にすること。
労働日と休日を交換する制度です。振替出勤は一般的に振替勤務、振出とも言います。
AKASHIではこの交換する制度をそのまま用いているため、振休を休暇のようにプールすることはできません。
また、交換は一日単位で行われるため、半日振替出勤/半日振替休日や時間単位振替なども行えません。

【代替休暇/代償休暇(代休)】

休日に労働が行われた後に、その代わりとして休暇を与えること。
事後に代休を与え、取得したとしても、休日出勤の事実は変わらず、計上された休日労働時間は相殺されません。
AKASHIではこの事後に代休を与える制度をそのまま用いているため、代休は休出後に自動付与されます。

2.振休設定(振休有効期限)について
___.png

振替可能期間を設けるための設定は共通就業設定にて行います。
・設定>共通就業設定より対象の共通就業設定パターンを選択し、「1.年休・代休・会社祝日など」のタブをクリックします。

____3.png

・「振休設定」にて振休有効期限「設定する」を選択し、「同一・前後1~前後12」「週内/月度内」を選択して、振替元(振替出勤日)からの振替期間を設定します。
※「週内」を選択した際の週の起点曜日は「週開始曜日」で設定した曜日となります。

____2.png

・「4.申請・従業員権限」のタブをクリックし、反映日を選択して、「確定」をクリックします。

___2.png

 上記設定後、振替処理を行う際に、設定した期間外の日付を振替日として指定しようとすると以下エラーが表示されます。

____3.png

振替出勤/振替休日の申請・修正方法はこちらをご確認ください。

3.代休設定について
___.png

代休の自動発生をさせるための設定は共通就業設定にて行います。
・設定>共通就業設定より対象の共通就業設定パターンを選択し、「1.年休・代休・会社祝日など」のタブをクリックします。

____3.png

・「代休設定」にて代休の消化単位の設定と代休自動発生「させる」を選択し、1.0日分の代休発生条件を入力します。

____4.png

上記の場合、「8:00」以上の休日労働時間が計上された際に、「1.0」日分の代休が自動付与されます。

・「0.5」日分の代休自動付与を行う場合は、半日分の代休発生「させる」を選択し、0.5日分の代休発生条件を入力します。

____5.png

上記の場合、「4:00」以上の休日労働時間が計上された際に、「0.5」日分の代休が自動付与されます。

・自動付与する代休に有効期限を設定したい場合は代休有効期限「設定する」を選択し、
付与日から「1~12」ヶ月後「の締め日まで」or「の日まで」を選択します。____6.png

※設定しない場合は有効期限の終了日が設定されず、無期限(取得されるまで消滅しない)で付与されます。

付与日(休出日) 設定しない 1ヶ月後の締め日まで(末日締め) 1ヶ月後の日まで 3ヶ月後の締め日まで(末日締め) 3ヶ月後の日まで
2019/11/16 無期限 2019/11/30 2019/12/16 2020/1/31 2020/2/16
2019/11/30 無期限 2019/11/30 2019/12/30 2020/1/31 2020/2/29
2019/12/01 無期限 2019/12/31 2020/1/1 2020/2/29 2020/3/1

____.png
◎「締め日まで」設定時は付与日の当月度を「1ヶ月後」として数えます。

・「4.申請・従業員権限」のタブをクリックし、反映日を選択して、「確定」をクリックします。

___2.png

上記の設定後、休日出勤(休出)の際の休日労働時間が設定した条件に達すると自動的に代休が付与されます。

______.png

■代休発生確認方法

休暇管理>休暇付与>「代休」>該当従業員の「履歴」より、いつの休日出勤により代休が自動付与が行われたかの確認が行えます。※確認を行う時点で有効期限の終了日をむかえていない代休に限ります。

______.png

また、休暇付与のエクスポートでも、どの日の休出によって代休が発生したのかを確認できます。
データ入出力>各種エクスポートより、「休暇付与」を選択し、「休暇種別」にて「代休」にチェックをして、「エクスポート」します。

______2.png

「付与日」の行にある日付が代休発生となった休出の日付となります。

______3.png

このヘルプは役に立ちましたか?